月1回のベビーリトミックは0歳から♪

自分から動かしたの初めて

 

「音楽に合わせて、自分から(手を)動かしたの初めてです!!」

 

先日、体験レッスンに来てくださったママさんの言葉です。

2歳の男の子がママとリトミックの体験に来てくださいました。

 

生まれつき筋肉の障がいがあり、
気管に酸素の管を常時装着しているEくん。

自力での姿勢保持は難しいですが、
ママに支えられての座位で、はじめてリトミックを体験しました。

 

こちらから呼びかけると、指や手を動かしたり、目や表情で伝えてくれます。
大きな動きではないですが、ママとの会話を見ていると、初対面の私にも意思が伝わってきます。

 

ママから、いろいろお話を聞きながら、いざレッスン!

音楽に合わせて「ゆーらゆーら」
ママにお手伝いしてもらいながら、身体を揺らしてもらいます。

そこで、ピアノの音がピタッと止まりました。

リトミックの即時反応です。
すると…、

Eくん、目がうるうる・・・。

そして、涙がぼろぼろ・・・。

 

そっか、大好きな音楽が途中で止まってほしくなかったんだね。

音が止まって、悲しくなったのかも。
ママと話してそう思いました。

 

リトミックは感じ方も表現も自由。

なるほどなぁ、そういう感じ方もあるんだなあ。と。
Eくんの感情の深さを感じました。

 

その後、一緒にお花を咲かせるシアターを行ったり、
こいのぼりを作ったり、車にのって運転したり、
いろいろな活動をしました。

泣いたのはその即時反応の時だけ。

他の活動では、時々にこっと笑顔を見せながら、
指先や目で思いを伝えてくれました。

 

作ったこいのぼりを手で握って、一緒に「こいのぼり」を歌ったときのこと。

「ゆーらゆーら」とこいのぼりを振ってくれて。。。

 

すると、ママが、

「音楽に合わせて、自分から(手を)動かしたの初めてです!!」

って。

今までは、音楽を聴くと、聴き入っちゃうことが多かったとのこと。

嬉しかったなあ。

 

新しい出会いに感謝です。

またぜひ遊びにきてくださいね。

私はかつて、養護学校(特別支援学校)の教員をしていました。

 

さまざまな障がいを持つ子どもたちと触れあい、
音楽を使った活動もたくさん行いました。

表現の仕方は、その子によっていろいろ。
でも、障がいがあってもなくても、変わりません。

 

音楽が好き。
楽しいことが好き。
ママやパパが好き。

 

子どもたちが伝えたい気持ちや心を、
音楽を使って、
いろいろな形で表現し、
感じ合えるといいなあと思っています。

 

 

リトミック教室おとりずむでは、生徒を募集しております。
通常のリトミックレッスンの他、プライベートレッスンや出張レッスンも可能です。
どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいね。